※本ページにはPRが含まれます。

落ち着いて行動を!ライフカードを紛失したときにやるべきこととは?

ライフカードを利用するだけでなく紛失した場合に備えて、そのようなトラブルに遭った際の対処法も知っておきましょう。

誕生月に業界最高水準のポイント還元率となるライフカード。

その他にも会員限定でポイントが最大になるオンラインモールや、海外旅行でも安心のサービスなど多種多様な特典を利用することができる便利なクレジットカードです。

このように便利なクレジットカードなのでメインカードとして、持ち歩いている方もたくさんいらっしゃると思います。

そうなるとやはりカードの紛失や盗難などの、トラブルに見舞われる可能性も常に存在すると言えるでしょう。

今回はライフカードを紛失した場合や、不正利用されてしまった場合の対処法について解説していきたいと思います。

ライフカードを紛失したらやるべき行動

外出中にクレジットカードなどの貴重品を紛失してしまったというトラブルも意外によく見られます。

ライフカードをよく利用している方は財布の中に入れて持ち歩いていると思います。

どんな人でも貴重品の管理には気をつけていると思いますが、どんなに気をつけていても100%トラブルを防ぐのは難しいものです。

もしうっかりライフカードをどこかで無くしてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

◆最初にコールセンターへ連絡を!

ライフカードを紛失したらまずはカード会社のコールセンターへ電話しましょう。

多くの場合クレジットカードを紛失したらまず警察へ連絡しようと思うのではないでしょうか。

しかしここで注意すべきなのは一刻も早くカードを見つけることではなく、できるだけ早く第三者にカード利用をさせないようにすることです。

警察で届ければカード本体を捜索してくれるとは思いますが、カードの不正利用を阻止するという事に関しては専門外です。

またクレジットカードは暗証番号がわかっていればすぐに利用することができるので、捜索している間にカードを利用されてしまう危険性もあります。

◆コールセンターに電話するのは不正利用を防ぐため

ライフカードを紛失したとわかったときは、まずコールセンターに連絡してカードを利用停止状態にしてもらいましょう。

こうしておくことでクレジット機能を利用することができなくなるので、探している間にライフカードを不正利用されてしまうかもしれないというリスクを回避することができます。

警察に届け出をするのはその後からでも遅くはありません。

むしろライフカードを第三者に不正利用されるという、最悪の事態を防ぐことができるので覚えておきましょう。

口コミ 年会費 永久無料
ポイント還元率 0.5%〜1.5% 発行スピード 最短2営業日
ブランド 電子マネー
ETCカード無料
家族カード無料
旅行保険付帯
学生に人気のクレカ
主婦に人気のクレカ
マイルが貯まる

コールセンターの電話番号がわからない!

ライフカードのコールセンターは24時間年中無休で相談を受け付けています。

深夜でも対応してもらうことができるので、紛失したと思ったらいつでもすぐにカード利用を停止させることが可能です。

とはいえライフカード事態を紛失したらカードに記載されている、コールセンターの番号もわからないという場合があるかもしれません。

そんなときはインターネットの検索機能を利用しましょう。

ライフカード/コールセンターなどのキーワードで検索すれば、連絡先の電話番号を見つけることができます。

パソコンからでもスマートフォンからでもできる方法なので焦らず落ち着いて行動しましょう。

ライフカード紛失などのトラブルが起こる前にやっておくべきこと

ここではライフカードを紛失した際に起こり得るトラブルを予防するための方法についてご紹介していきたいと思います。

◆トラブルに対処できるよう準備しておこう!

いざというときに慌てずに済むようライフカードのお問い合わせ番号を、あらかじめ携帯電話やスマートフォンの電話帳に登録しておくこと良いでしょう。

コールセンターの電話番号はインターネットを利用して簡単に検索することができますが、先に電話番号を登録しておけばその分だけ素早く対処を行うことができます。

紛失したとわかるまでにもある程度時間がかかることを考えると、その後の対処をいかに素早く行うかがリスク回避のカギとなります。

トラブルが起こったときのための準備をしておくことも大切であると言えるでしょう。

◆カードと本人証明は別々にして持ち歩こう

またライフカードと運転免許証などの本人確認書類は、一緒にお財布の中に入れるのではなく別々にして持ち歩くようにしましょう。

ライフカードを紛失した場合はお財布ごと落としてしまったという場合の方が多いと思います。

お財布に全ての貴重品を入れている場合は、クレジットカードだけでなく運転免許証などの、個人情報が記載されているものも入っています。

第三者が本人確認のできるものを同時に手に入れてしまうと、カード紛失した所有者のふりをしてライフカードのパスワードを問い合わせて手に入れてしまうことも考えられます。

つまりカードと運転免許証などの本人証明を一緒に紛失すると、カードを不正利用されてしまう可能性がより高まってしまうのです。

紛失の際に起こり得るリスク予防としてお財布にライフカードを入れる場合は、運転免許証などの本人証明は別のカードケースに入れて持ち歩くようにしましょう。

このカードに関する他の記事
「2枚目作ろうかな!」の前に考えるべきクレジットカードの増やし方
クレジットカード社会の現代。2010年代も中期を迎え、今にも増してその需要は高まっています。商品を購入する時に使用するだけではなくそれまでは直接支払っていた光熱費などもクレジットカードを通しての支払いをするのが主流になってきました。時代の流れとして、2枚目、3枚目と新しいカードを作ろうと考えている人も増えています。そんな中皆が悩むのが、幾百もあるクレジットカードの種類からどのカードを2枚目として選べば良いのかということです。そんな方は是非読んでみてください。
家族カードで理想の家族関係を築こう!
家族カード(ファミリーカード)とは、本会員の家族も利用することができるクレジットカードのことです。通常、クレジットカードの申し込みには審査がありますが、ファミリーカードは契約者の信用によって追加の申し込みをすることが出来ます。ただ、いくら家族とはいえ、カードを共有することに不安を感じる方もいるのではないでしょうか。ひとり暮らしをしている大学生のお子さんへの資金援助や、故郷の両親に給料を仕送りするというように、離れて暮らす家族とのお金の行き交いは意外と頻繁に発生します。専業主婦の妻、故郷の両親、大学合格を機に上京した息子の為に家族カードへの申し込みを考えている会社員の本人会員Aさんを例に、離れて暮らしている家族とのカードの共有をスムーズかつ安心、安全に行うための申し込みや運用のコツをお伝えします。
家族カードの名義に関する注意点を徹底解説
本会員と同じようにサービスを利用できる家族カードはとっても便利でお得なカードです。 しかし、あくまで本会員があってのカードなので名義についてはややこしいことが多く、カードの名義人は誰なのか、名義変更ができるのか、相続の時はどうするのかなど様々な疑問が湧いてくるでしょう。 今回はそんな家族カードの名義に関しての疑問点をしっかり解決していき、心置きなく利用できるようにしていきましょう!
ライフカードの利用で必須!カードの締め日と支払日を知っておこう!
ライフカードは欲しい商品を購入することができるだけでなく、他にも非常にお得なポイントシステムでポイント還元を受けることがでます。また年会費無料なので維持費一切かからないなど充実したサービスを、利用することができる利便性の高いクレジットカードです。今回は様々な用途で利用することができるライフカードを、もっと活用しやすくできるよう締め日と支払日について解説していきたいと思います。
ライフカードでマイルを貯めよう!ポイント移行の還元率も解説
ライフカードで貯めたポイントは、他社へのポイント移行やマイルへの変換、電子マネー、ギフトカードへ交換できます。 ポイントの使い方はそれぞれですが、今回はマイル移行について紹介していきます。
ライフカードで選べる国際ブランドについて詳しくご紹介
初年度はポイント1.5倍など充実したポイントシステムをはじめ、カード会員に嬉しいサービスが揃っているライフカード。年会費無料で利用することもできるためまさにお買い物にもうってつけのクレジットカードとなっています。そんなライフカードは国際ブランドの選択肢も3種類と充実しています。
ライフカードと学生専用カードそれぞれの主なメリットについてご紹介
ポイントプログラムや海外旅行保険など充実したサービスが付帯しているライフカードには学生専用のカードが存在します。こちらのカードは未成年から利用することができるのですが、一般的なクレジッドカードよりもより利便性の高いサービスが充実しています。今回はライフカードと学生専用カードがそれぞれ有している主なメリットについてご紹介していきたいと思います。
詳細検索であなたに合ったクレジットカードを探す
年会費
カードの種類
ポイント還元率
発行スピード
電子マネー
ブランド
人気条件

※ランキングは当社調べになります。

※当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコムなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。