※本ページにはPRが含まれます。

ライフカードで選べる国際ブランドについて詳しくご紹介

初年度はポイント1.5倍など充実したポイントシステムをはじめ、カード会員に嬉しいサービスが揃っているライフカード。

年会費無料で利用することもできるためまさにお買い物にもうってつけのクレジットカードとなっています。

そんなライフカードは国際ブランドの選択肢も3種類と充実しています。

ライフカードで選ぶことができる国際ブランドについて

日本国内で利用する分にはライフカードで、どのカードブランドを選んでも問題なく利用することができます。

ではなぜ3種類にも別れているのかという話になりますよね。
ますますどのカードブランドにしようか迷ってしまうという方もいらっしゃると思います。

そこで今回はライフカードで選ぶことができる、3種類の国際ブランドについて解説していきたいと思います。

◆選べるカードブランドは7つのうち3種類

前述の通りライフカードでは3種類の国際ブランドから好きなものを選ぶことが可能となっています。

クレジットカードは現在何百種類も存在していますが、カードブランドは全部で7つのみとなっています。
さらに日本で主に利用されるブランドはその中の5つぐらいです。

ライフカードで選択することができるのはVISA/MasterCard/JCBとなっています。
以下ではそれぞれの国際ブランドについてご紹介していきたいと思います。

口コミ 年会費 永久無料
ポイント還元率 0.5%〜1.5% 発行スピード 最短2営業日
ブランド 電子マネー
ETCカード無料
家族カード無料
旅行保険付帯
学生に人気のクレカ
主婦に人気のクレカ
マイルが貯まる

世界シェアNo.1のVISAについて

VISAは世界で最も高いシェア率を誇る国際ブランドです。

ライフカードでもこちらのVISAを選択することができ、国内外問わず利用することができるという使い勝手の良さが魅力です。

クレジットカードは国際ブランドの加盟店となっているところでしか利用することができないため、加盟店の多さはそのままカードの使いやすさにも影響すると言えます。

もしライフカードの他にもクレジットカードを複数枚持つという場合でも、その内の1枚はVISAカードにしておくと良いでしょう。
VISAは全世界で最大の会員数を誇る国際ブランドであり、世界で通用する通過と言っても過言ではない規模を誇っています。

◆国内外問わず使いたいならVISAがオススメ

VISAは世界最大の会員数と加盟店数を有する国際ブランドですので、旅行や出張などで海外へ出かける機会が多いという人に最適であると言えます。

世界のほとんどの国で利用することができるカードブランドですので、ライフカードに搭載しておくことによって場所を問わず利用することができるようになるでしょう。

観光客がたくさん訪れる国であればやはりナンバーワンのシェア率を誇る、VISAの加盟店がほとんどを占めるのは言うまでもありません。
VISAであればどこでも利用することができるライフカードとなるので、クレジットカード初心者にもおすすめの国際ブランドであると言えるでしょう。

シェアNo.2のMasterCardはどう?

ライフカードで選ぶことができるMasterCardも、世界的に高いシェア率を誇る国際ブランドです。

世界シェア率ナンバーワンであるVISAカードには負けるものの、それでも7つある国際的なカードブランド中2位の普及率となっています。
つまりMasterCardもVISAとの差をあまり気にせず、ライフカードで使用することができる国際ブランドであると言えます。

実際日本国内で利用する分にはMasterCardもVISAも使用感はほぼ変わりません。

ただ2002年にMasterCardはユーロカードと統合したので、ヨーロッパ方面ではVISAよりも普及率が高いとされています。

◆VISAを持っているならMasterCardがオススメ

世界的に高いシェア率を誇っている国際ブランドですので、ライフカードでMasterCardを選んでも何ら問題は無いと言えます。

また既にもう一つクレジットカードを持っていて、MasterCardはまだ持っていないというのであればこちらを選ぶという手もあります。
こう見ると特徴的なメリットが見当たらないように見えますがそんなことはありません。

たとえば海外でお金をキャッシングしようとしたらVISAではできなかったという場合もあり、ドイツ/イギリスなどのヨーロッパに行く機会がある場合はMasterCardの方が使い勝手が良いと言えます。

またMasterCardはアンダーズ東京や六本木ヒルズといったスポットで、宿泊優待や映画チケットのプレゼントといった特典を受けることもできます。

このようにライフカードでMasterCardを選ぶことで様々な特典を受けることが可能となっているのです。

国内唯一の国際ブランドJCB

JCBは7つ存在する国際ブランドのうち、唯一の日本で生み出されたカードブランドです。

世界でのシェア率はVISAやMasterCardには及ばないものの、日本発のカードブランドだけあってライフカードでも選ぶことができ国内では最も高い加盟店数を有しています。

また日本だけでなく韓国/台湾/シンガポールといったアジア圏の国々や、日本人がよく観光客として訪れるハワイ/グアムでも高い普及率を誇っています。

国産のカードブランドですので海外でも日本語でサポートが受けられる、などの充実した会員サービスが特徴であると言えます。

◆主に国内での使用を考えているならJCBがオススメ

特に海外でライフカードを使用する予定が無いというのであれば、国際ブランドはJCBで何ら問題は無いと言えるでしょう。

JCBは日本国内で最大のシェア率と有しているので、店舗での支払いやネットショッピングでの買い物でも、ライフカードが利用できないということはほぼないと思われます。

またJCBは東京ディズニーランド/ Blue Note Tokyo/キッザニアなどのオフィシャルスポンサーでもあります。

特に東京ディズニーランド関連の特典が充実しており、チケット抽選/レストラン/ホテルなどの優待を受けることができます。
このように国内外問わず手厚いサービスを受けることができるJCBは、ライフカードでもオススメの国際ブランドであると言えるでしょう。

このカードに関する他の記事
「2枚目作ろうかな!」の前に考えるべきクレジットカードの増やし方
クレジットカード社会の現代。2010年代も中期を迎え、今にも増してその需要は高まっています。商品を購入する時に使用するだけではなくそれまでは直接支払っていた光熱費などもクレジットカードを通しての支払いをするのが主流になってきました。時代の流れとして、2枚目、3枚目と新しいカードを作ろうと考えている人も増えています。そんな中皆が悩むのが、幾百もあるクレジットカードの種類からどのカードを2枚目として選べば良いのかということです。そんな方は是非読んでみてください。
家族カードで理想の家族関係を築こう!
家族カード(ファミリーカード)とは、本会員の家族も利用することができるクレジットカードのことです。通常、クレジットカードの申し込みには審査がありますが、ファミリーカードは契約者の信用によって追加の申し込みをすることが出来ます。ただ、いくら家族とはいえ、カードを共有することに不安を感じる方もいるのではないでしょうか。ひとり暮らしをしている大学生のお子さんへの資金援助や、故郷の両親に給料を仕送りするというように、離れて暮らす家族とのお金の行き交いは意外と頻繁に発生します。専業主婦の妻、故郷の両親、大学合格を機に上京した息子の為に家族カードへの申し込みを考えている会社員の本人会員Aさんを例に、離れて暮らしている家族とのカードの共有をスムーズかつ安心、安全に行うための申し込みや運用のコツをお伝えします。
家族カードの名義に関する注意点を徹底解説
本会員と同じようにサービスを利用できる家族カードはとっても便利でお得なカードです。 しかし、あくまで本会員があってのカードなので名義についてはややこしいことが多く、カードの名義人は誰なのか、名義変更ができるのか、相続の時はどうするのかなど様々な疑問が湧いてくるでしょう。 今回はそんな家族カードの名義に関しての疑問点をしっかり解決していき、心置きなく利用できるようにしていきましょう!
落ち着いて行動を!ライフカードを紛失したときにやるべきこととは?
ライフカードを利用するだけでなく紛失した場合に備えて、そのようなトラブルに遭った際の対処法も知っておきましょう。誕生月に業界最高水準のポイント還元率となるライフカード。その他にも会員限定でポイントが最大になるオンラインモールや、海外旅行でも安心のサービスなど多種多様な特典を利用することができる便利なクレジットカードです。このように便利なクレジットカードなのでメインカードとして、持ち歩いている方もたくさんいらっしゃると思います。そうなるとやはりカードの紛失や盗難などの、トラブルに見舞われる可能性も常に存在すると言えるでしょう。今回はライフカードを紛失した場合や、不正利用されてしまった場合の対処法について解説していきたいと思います。
ライフカードの利用で必須!カードの締め日と支払日を知っておこう!
ライフカードは欲しい商品を購入することができるだけでなく、他にも非常にお得なポイントシステムでポイント還元を受けることがでます。また年会費無料なので維持費一切かからないなど充実したサービスを、利用することができる利便性の高いクレジットカードです。今回は様々な用途で利用することができるライフカードを、もっと活用しやすくできるよう締め日と支払日について解説していきたいと思います。
ライフカードでマイルを貯めよう!ポイント移行の還元率も解説
ライフカードで貯めたポイントは、他社へのポイント移行やマイルへの変換、電子マネー、ギフトカードへ交換できます。 ポイントの使い方はそれぞれですが、今回はマイル移行について紹介していきます。
ライフカードと学生専用カードそれぞれの主なメリットについてご紹介
ポイントプログラムや海外旅行保険など充実したサービスが付帯しているライフカードには学生専用のカードが存在します。こちらのカードは未成年から利用することができるのですが、一般的なクレジッドカードよりもより利便性の高いサービスが充実しています。今回はライフカードと学生専用カードがそれぞれ有している主なメリットについてご紹介していきたいと思います。
詳細検索であなたに合ったクレジットカードを探す
年会費
カードの種類
ポイント還元率
発行スピード
電子マネー
ブランド
人気条件

※ランキングは当社調べになります。

※当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコムなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。